· 

ストロングポイントは何ですか?なければ作りましょう

突然ですが、あなたの(お店の)ストロングポイントは何ですか?

ストロングポイントとはその名の通り『強み』、『魅力』の事です。

 

前回のペルソナ同様に人に当てはめるとわかりやすいです。

 

例えば、『暗くて地味で人嫌いなA』さんと『人懐っこくて皆に慕われているBさん』

友達になるとしたらどちらが良いでしょう?

 

Bさんという答えが多いと思います。

それは何故か?Bさんには友達になってみたいという魅力があるからです。

 

これと同じでお店にも行きたくなる動機となる『強み』、『魅力』が必要となるわけです。

 

・主訴が5秒で嘘のように楽になるゴッドハンド

・カフェのようなオシャレな店内

・猫や犬がいる店内

・駅から徒歩1分の好立地

・イケメン・可愛いスタッフを揃えている

 

このようにストロングポイントと言える事であれば何でもいいのです。

そしてそれは多ければ多いほど色々な人に興味を持って貰えるのでその方がいいのかもしれません。

 

ここで、1つだけ重要なポイントがあります。

それは、どこにも負けないような強力なストロングポイントが1つあることです。

 

逆に言うとたった1つ、強力なストロングポイントがあればそれだけで良いという事です。

 

はじめの質問に戻りましょう。

 

 

あなたのお店のストロングポイントは何ですか?

 

 

即答で自信を持って答えられるストロングポイントがあるならそれに磨きをかけていけば良いでしょう。

 

もし、答えられなかった場合は強みを作るようにしましょう。

今手持ちの技術や構想の中でストロングポイントになりそうなものがあればそこから、もし手持ちで何も無さそうなのであれば手に入れるためにリサーチし、行動をした方が良いと思います。

 

インターネットや本などリサーチする方法はいくらでもありますし、今ならSNSに最先端が溢れていますのでSNSでリサーチをするのがおすすめです。

 

私の個人的な話ですが、お店を始めるにあたり新たな武器としてヘッドマッサージを選択して、インターネットで色々検索をして見つけた東京のスクールに習いに行きました。

地域でも数少ないヘッドマッサージ専門店として今でも強力なストロングポイントとなっています。

 

1人で飛行機に乗った事もなかったあの時によく決断して行動したなと我ながら思います。

 

また、1人サロンの為、複数でのご利用が不可能=弱みだったのですが、逆にそこを強みとして誰でも邪魔されない、あなただけのおひとり様専用サロンとしています。

 

このように1人サロンという些細な部分も強みにする事は可能なので、色々と思索してみると良いと思います。

 

 

 

最後になりますが、ストロングポイントは必須か?と言われれば、なくても出来るかもしれないとは思います。

実際に巷には目立ったストロングポイントもなく何年も営業しているお店もたくさんあります。

 

そんな目立ったストロングポイントがないお店には共通のストロングポイントが実はあります。

それは『安さ』です。

 

独自の強み、魅力がないと結局価格競争に巻き込まれて『安売り』が魅力となってしまいます。

そしてそんな安いお店はたくさんあります。

 

そうなるとどうなるか。経営が苦しくなります。

 

この厳しい時代を生き抜くためには自分だけの魅力をしっかりとアピールをしなくてはいけないのではないかと思います。

 

 

私がストロングポイントとしている点を何点か挙げてみます

  • 押圧・揺らしがメインの手技なので揉み返しが起こりにくい
  • ヘッドマッサージを専門的にやっている
  • 毎回の施術記録をカルテに記しているので前回の来店日やコース・主訴や症状を事細かに説明をする(通える安心感)
  • 徹底的なタイムコントロールにより他のお客様と遭遇する事がない=お会計後早く帰らなければいけない等お客様に余計な気を遣わせない
  • 店主1人しかいないので必ず店主が担当
    (指名を遠慮するお客様もいます。そんな場合でも間違いなく店主が担当するので安心して受けられる) 
  • BGMが洋楽だったり内観が従来の整体院にはない雰囲気で初めてでも行きやすい環境作り

軽く思いついたものだけですが、これだけあります。

4番目、5番目はお客様から直接聞いた話なのでこちらが意図していないところで結果的に強みとなっていた部分でもあります。

 

 

今は【他がやっていない面白い事をしているここにしかないお店】、お店の存在自体がストロングポイントになるように日々模索中なのです。

 

 

 

 

今回はストロングポイントと価格設定で考えていたのですが、長くなってしまったので価格設定については次回にしようと思います。