· 

サロンメニューを決める時に絶対にしてはいけないこと

ご覧いただきありがとうございます。ASAHI整体塾の大石です。

 

いつもなら講座のスケジュールや整体施術の技術についてブログを書いているのですが、今回は『サロン経営』の部分について少し触れていきたいと思います。

当整体スクールのような整体の講座に興味を持たれた方は今現在整体やもみほぐしなどのお仕事に就かれている、または転職をして整体で開業をしたい。そんな方が多いのかと思います。

 

いずれ整体で開業された際に『サロンの商品となるメニューを決める』という事を必ずやらなければいけません。

 

その際に大前提として地域の相場に合わせる相対価格ではなく、その施術に対する絶対価格で料金を設定するという事が大事になります。

 

私自身も整体歴6年半の時に開業をしましたが、経営についてはド素人。

周りの知人や周辺の安さ重視のお店に合わせて料金設定をしていました。

これでは正直に言うと生活なんて出来るレベルではなかったです。

 

この相対価格ではなく絶対価格で料金設定をする重要さについてはまた今度記させていただきます。

 

今回のメインテーマはよくありがちな長いコースになるほどお得になるという料金システムは絶対にしてはいけないという事です。

 

例えば60分6000円の設定の場合、120分コースはいくらに設定しますか?

60分が6000円なら120分は2倍の時間となるので料金も2倍の12000円、またはそれ以上に設定するべきだと思います。

 

理由はそれだけの時間を要しているからです。当たり前ですよね。

 

ここで言う時間というのは単純にTIMEの時間というよりは営業時間と言った方がいいのかもしれません。

すなわち他のお客様が予約したい時間を埋めるということです。

 

施術料金=技術料金です。

ハンドメイドの作品をオーダーメイドで注文した際には時間のかかる難しい作品になれば必然と料金は高くなります。

 

 

それは整体にも言えることだと思うんです。

・営業時間の中でそのお客様にかける時間が倍になる。

・施術料金は技術料金である。

この2点を考慮すれば時間が2倍になれば料金も2倍になる。場合によってはそれ以上というのは当然です。

 

ところがチェーン店の格安店の影響なのか、個人店でも長いコースがお得になる料金設定を当たり前のようにしてしまう店舗を多く見かけます。

 

60分3500円、90分5000円、120分6000円とかよく見かけます。

 

当店の60分が120分と同じ料金になります。

単純に金額しか見ていない人は「時間が2倍!わーお得!」と思うかもしれません。

そうではなくて「60分で他店の120分と同じ価値なのか!これは期待出来る」と感じてくれる人に来て頂ければいいのです。

 

もし今現在上記のような価格設定にしている場合は60分3500円であればすぐにでも適正価格5,250円、120分7,000円に改定する事をオススメします。

 

高いと感じて離れてしまうお客様もいるかもしれません。でも、それは安さにしか魅力を感じていなかったということですから諦めましょう。

それでも来てくれる新規のお客様がきっといますから。

 

また、それでも継続して来てくれる既存客は安さ以外の魅力を感じて来店してくれている方なのでより大切に接していけば良いと思います。

 

ちなみに有名なチェーンのもみほぐし店は増税に合わせて10月から料金設定が変わっています。

設定価格が実質値上げだけではなく、料金設定は60分までのみでそれ以上は追加料金という形になっています。

 

60分3600円。

120分の場合は?7200円となります。

 

以前だとお得感のある料金設定になっていたと思いますが、業界を引っ張ってきた格安店でさえしっかりと価値を売って料金を頂くという流れになっています。

 

当整体スクールではお客様から納得して頂ける整体技術を指導しております。

 

基礎を重視したしっかりとした技術でお客様だけでなく、施術者の身体も軽くなる力を必要としない地面反発圧を利用したツボ押し整体を学んで、楽しく自信を持って施術に取り込んでみませんか??

 

気になる方はお気軽にお問い合わせください。